エバーリンク

エバーリンクブログ

2018年1月9日

毎日がごきげんさん

皆さん、こんにちは。
赤ちゃんとお話の木村朋子です。

 

 

 

雪~~~ 雪雪雪
遠くの山は真っ白
風も強くてブルブル 雪の結晶雪の結晶雪の結晶
暖かくして過ごしましょうね

 

さて

 

今日は
下弦の月

 

「手放し」がテーマだそうです
なかなか難しいテーマですが
お友達と話していて
思う事がありました

 

 

私達があると嫌だなぁって感じる事の一つに
『 痛み 』 があります

 

 

嫌ですよね
痛いのって… ガーン

 

 

注射の痛みや
関節の痛み
頭痛
腹痛
心が痛いのもそうですよね ショボーン

 

 

こういう痛みって
持っていたくないじゃないですか

 

 

手放したい
無くしたい

 

 

痛みって
嫌われるけれど
この痛みがあるから
手放せるのかもしれないなぁ…って ニコ

 

 

 

 

お友達が
歯が痛くて眠れなかった
「これはきっと 「寝るな 」って事だと思って
起きてウダウダしてたら
いつの間にか寝てたんよね
「あ~寝れたんだ~」って思ったんよ」 合格

 

お友達は
望んでいたものを手に入れたんです

 

 

痛みって
どうしても
そこに焦点が当たってしまうから
痛みでいっぱいになってしまう

 

 

ある意味開き直ると
焦点がずれる

 

 

痛い時に
力を抜くって
なかなか出来ない

 

 

病院で
検査や採血する時に
「力抜いて~大きく息して~」って言われるけど
なかなか難しい

 

 

実際
力抜く方が
スムーズに事が運ぶんですよね

 

 

 

 

身体の痛みはサイン
それが何なのか
特定する事が必要な場合もあるかもしれないけれど

 

 

身体は
痛みを使って
自分の中に
いらないものがあるんだと
身体が教えてくれているんだと思うんです ニコニコドキドキ

 

 

こだわりとか
わだかまりとか

 

 

要は
もういらなくなった感情

 

 

いままでは
その感情のおかげで
乗り越えてきたけれど

 

 

「もう乗り越えたんだから
いらないよ
他に必要なものがあるんだよ」 合格

 

 

身体は
そう言ってくれているんだよね 音譜音譜音譜

 

そこを素直に受け取るといいのかもしれません