エバーリンク

エバーリンクブログ

2016年6月4日

個人セッション

赤ちゃんとお話出来るママになる

皆さん、こんにちは。
赤ちゃんとお話の木村朋子です。

最近、朝と昼間の気温差が激しくて
着る物も考えちゃいますね
体調を崩している方が多いようです

週末は
お風呂もゆったり入って
リラックスして休みましょうね^^

2015-11-11 12.01.39

さて
子育て中のママから、よく聞く相談に
「自分が、母親として
ちゃんと出来ているか不安です」
「なんで泣いているか
わからなくて、どうしていいか・・・」
こんな声をいただきます

同じような悩みを抱えている方は
多いと感じます

赤ちゃんは
私達と同じ言葉を使うことは出来ません

ただ
私達と同じ喜怒哀楽や
自分の快・不快や
意思や欲求は、ちゃんと伝えてきます

赤ちゃんの立場からすれば
大声を出して泣くというのが
一番効率よく
相手に伝わる事を
理解しています

私達の概念に
 赤ちゃんが泣く=おなかが空いた・おむつが気持ち悪い
という思いがあるようですが
果たして、それだけ?

抱っこしてもらいたくて
泣くこともありますね

私達は
怒っている時
怖い時
悔しい時
さみしい時
嬉しい時
にも泣きますね

それ以外もあるでしょう

赤ちゃんも同じだと思うのです

赤ちゃんだから、まだ小さいから
わからないだろう

そんなことはない

赤ちゃんだろうが
小さかろうが

私達大人と同じ感情をもっている
私達より
もっと、敏感に自分の感情を
感じていると思うのです

そして
何より「細胞には心がある」
記憶として思い出せなくても
身体(細胞)は記憶している

 

カウンセリングや
育児相談・赤ちゃんとお話に
子ども同伴で参加されたとき

赤ちゃんが
私達大人の話をちゃんと聞いていて
その話の内容に
合った反応を見せてくれるので
ママは、びっくりします

笑ってくるれるのはしょちゅうですが
眉間にシワを寄せるので
何かと思えば、遠くでタバコの煙が
くゆっていて
「気付かなくて、ごめん」って言うと
もっとシワが寄ったり

「もう、その話はやめて」と
そっぽ向いたり

「ママ、そうなんだよ」って
うなずく

ママが大切なことに気付いた時に
手を叩く

「もういいでしょー」って
ぐずる
などなど・・・

2016-03-28 12.23.14

子どもの反応が分からないと
話す場合

最初から
「子どもは、言っても分からない」
と、思って話すので
結果、そうなります

「やっぱり、わからんかった」
これで、確定となります

最初から、あきらめているし
分からないものだと
思っているので

結果、思ったことが現実として
目の前に映し出されます

これが、日常で繰り返されます
これは、子どもとの関係だけでなく
夫婦関係でも、他の関係でも同じです

子どもの立場からすると、どうでしょうか

今の関係性が見えてくる感じがしませんか?

今は、親の立場で子育てをしていますが
昔は、子どもの立場でした

どうでしょうか

大人よりも
もっと、クリアに
真実を観て感じている子ども達

いろいろ、お試しがやってきますが・・・
あせらずに
よく観察してみましょう

自分が発した言葉の
何に反応するか

自分がした
どんな態度に反応しているか

おなかの赤ちゃんも
同じですよ^^

2015-10-09 14.07.49

セッションのご案内
everlink-heart.com
お問合せ
info@everlink-heart.com