エバーリンク

エバーリンクブログ

2017年11月3日

レポ

皆さん、こんにちは。
赤ちゃんとお話の木村朋子です。

 

11月になりましたね
雨降りが多くて
ようやく秋を満喫できる気候になりました
自然の中へ。。。

 

 

 

 

さて
先日の続き

 

 

姫路で開催された
【 ただし学 】

 

名古屋でお産の家を造られた
本来の自然分娩を実践されてきた
吉村正先生の著書
「幸せなお産が日本を変える」
ここに書かれている内容の
髄を聴きに学びに参加してきました 新幹線

 

 

私は看護師をやってきましたが
産科や小児科は実習や当直に時に
関わったくらいで
表面的な事で終わっています 病院汗

 

 


お母さんが自分で赤ちゃんとのお話できるのやり方を
体験して貰いながら
同時にカウンセリングをやってますが

 

それが
もうなんだか古いやり方のように感じていて

 

 

もう
胎内記憶や赤ちゃんと話す事は
当たり前の世の中に入ってきていて
その先の必要性を感じながら
モヤモヤしていました 霧

 

 

そんな時にやってきた情報
「ただし学」の存在は知っていて
参加したい気持ちは当初からあって
今回ようやくその時が与えられました ニコニコ

 

 

吉村先生の元で
師長をされていた岡野眞規代さんから
本来の自然分娩とはどういう事か
「待つ」 こと
全ての命が本来持っている力
寄り添う姿勢
こだわり
矛盾
などなど

 

 

 

 

私にとって
「神さまに与えてもらった時間」 だったと
しみじみ感じるひと時でした 照れ

 

 

「矛盾している事が生きていること」

 

 

深いですね…

 

 

考えたら当たり前の事なんですが
この事にどれだけ囚われ苦しんでいるか… えーん

 

 

命は
死ぬのが分かっているのに産まれてきます

 

 

私達は
新しい命が誕生すると喜び
全く関係ない人の事でも嬉しい気持ちになったり
写真を観て心が優しくなるのを感じたりします

 

 

逆に
死を迎えた時
悲しみや虚無
極端な場合自分の命をも終わらせようと考えたりします
死が間近に迫ると
どうにかして命を留まらせようと
あらゆる手段を考え講じたりします

 

 

ですが…
やがて必ずその時は訪れます

 

 

 

命は
この世界に行くと決めた時から
産まれる事死ぬ事
その両方を分かったうえで
始まります 流れ星キラキラ

 

 

そこでは矛盾は無いんですが
この地に降りた途端
矛盾となります

 

 

命は
死なないと産まれてこれない

 

 

生と死は
矛盾の最たるものだと思います

 

 

ただこれは
肉体の関して言える事

 

 

対極の世界に居るので
当然なんですが
不条理だと感じてしまう ショボーン

 

 

昔は 「魂」 というと
怪訝な顔つきで見られたりもありましたが
今は普通に話せる時代になっています

 

 

胎内記憶や
前世
中間生の記憶をもつ子ども達や大人は
多くいて
この話を聞いた人や
身近にいる人も増えて来ました

 

 

私も
おなかの赤ちゃんとお話をしている中で
赤ちゃんがいろいろ教えてくれるのを聴いて
お母さん共々
気付かされたり学ばせてもらっています ニコニコラブラブ

 

 

 

 

私達は
長い間物事や人や出来事を
良い悪いで観ることをしてきました
損得もそうですね

 

 

そんな事を
あまりにも長くやってきたので
「ただそれを観る」 という事が出来にくい
無意識にジャッジしている

 

 

『 自分に必要な事が起きている 』

 

 

ただそれだけなのに
色んなものがくっついて
大切な事が観えていない キョロキョロ

 

 

幸せかそうでないかも一緒で
本来
全て幸せと繋がっている ドキドキ

 

 

良し悪しや損得の眼で見るから
どちらかに分かれてしまうけれど

 

 

どっちもありで
どっちも幸せと繋がっている ドキドキ

 

 

赤ちゃんとお話は
そんな事も教えてくれるステキな時間 合格

 

 

長くなりますが
まだ続きます。。。