エバーリンク

エバーリンクブログ

2017年6月6日

毎日がごきげんさん

皆さん、こんにちは。

赤ちゃんとお話の木村朋子です。

 

【 歓び・喜び  歓喜 】

 

先日
出雲大社広島分祀 主催 「 神楽劇 スサノオ 」を観劇しました

 

幕が上がり

 

神の系譜と共に神の名前が呼ばれ
その間ずっと鳥肌が身体を駆け巡っていました

 

遥か昔、神話の世界…

 

母イザナミに逢いたいとダダをこねたり
姉アマテラスを頼ったり
ちょっと甘えん坊さんなスサノオがコミカルで…

 

 

岩戸開きのウズメの舞は
草場さんの陶彩画と重なり
太鼓と囃子に胸が熱くなりました

 

 

この込み上げてくる熱いものは何だろう…

 

 

八岐大蛇が酒樽に
ダイブするように顔を突っ込む様子は
なんとも可愛くて面白く
舞も素晴らしかった

 

 

命をかけて愛する妻クシナダと出雲を護り
平安と五穀豊穣を祈り

 

 

最後は、出演者全員が踊りながら客席を練り歩く

 

まるで
八百万の神が歓喜を振りまきながら踊っているように見え

 

 

神と人の一体感を感じていました

 

 

私達一人ひとりの内なる神

私達の魂は神のわけ御霊

 

 

「誰が」でも

 

「何が」でもなく

 

「私」が歓ぶ・喜ぶ生を…