エバーリンク

エバーリンクブログ

2017年2月28日

皆さん、こんにちは。
赤ちゃんとお話の木村朋子です。

 

 

今日は暖かく気持ちいいお天気でした^^
お日様の力強い光を浴びながら
グングン自転車こいで
草場一壽さんの展示会に
行ってきました(^^♪

 

どの作品も素晴らしいです
ぜひ足を運んでみてくださいね^^

 

さて

 

私達の人生は
瞬間瞬間
選択の連続です

 

今まで
自分が選択してきた事に
納得できるもの
出来ないもの色々あります

 

ですが

 

私達は
その時
それしか選べなかった

 

実は

 

その選択は
いつも自分にとって最高善を
選んでいる事に気付いているでしょうか…

 

「そんなはずはない。もっと、選べたはず…」

 

これは結果論になります

 

誰もがその選択を後悔し
「あの時、違う方を選んでいたら今頃は…」

 

あの時
本当に違う方を選べたんでしょうか…

 

 

前に進むために
まずは認めましょうって

 

ただ
それが中々認められないから
上手く進まないで
堂々巡りな感じが続きます

 

なぜか

 

過去の選択を思い出した時
ただ認めればいいのに

 

認める前にジャッジが入る
その選択をした自分をジャッジする
その時の相手をジャッジする

 

だから
中々ただ認める事が難しくなる

 

自分の選択を正当化したくなる

 

その時の最善を選んでいるのに…

 

言い訳も
正当化も
諦めも
相手も
何も必要なくて

 

ただ

 

「そうだった」だけで
充分なんだと思います

 

 

そしたらね…

 

自分に対して
「よく頑張ったなぁ…」
「よく死なずに今まで生きてきたなぁ…」って

 

こんな思いが
ふわぁ~って湧いてくる

 

この気持ちを
我慢せず
抑え込まず

 

ただただ
感じるといいですよ

 

 

元々
私達は幸せな存在なんだと
あんな事
こんな事があったけれど
それでも
こうして生きているのは
幸せなんだと

 

理由づけも
言い訳も
解釈も

 

何も必要なく
感じられると思います

 

明日から
弥生三月ですね

 

泣いても笑っても
春はすぐそばに。。。